多摩河原古事記

2018年10月19日金曜日

遥かDubaiをむいて


LoveCyan


ドア止めのLovecyanは玄関を開けると北風が寒い。 そこで
ほっかぶりか盗人かぶりか 笑える。 この子をくれたYumiは
ご亭主殿と商売でDubaiへ 到着の知らせだが気温差が砂漠の
アラビア半島 体調管理が心配である。

2018年10月18日木曜日

暑い寒い痛い


新涼の花

押し合い圧し合いの前線に決着がつかず なんか澄んだ空が半端で
 折り畳み傘が手離れできない。 来るときは酷暑と同じガクンと
寒気がやってくる。

2018年10月17日水曜日

ボンボヤージュ


旅立ちの日に

A&Y夫妻はUAEに飛ぶ 砂漠の国にゆく 旅の安全をと花が咲いた。

2018年10月16日火曜日

哀しい秋の日に


なんの花

ぐんぐんと朝が遅くなって 夜がストンときて 老いも駆け足で
くる。 晩秋なのか十月なかば。 義理の姉が二人たおれ 義兄
は認知症 おれも老いて山の神も背中が老いて足にもきてる。

2018年10月15日月曜日

俺が言うことじゃ


築地塀

大きな真紅の芙蓉の花 そして広大な屋敷 向かいの屋敷も
大谷石の倉 東京の近郷農家には孫が乗るアウデイ ベンツ BMW
周囲はマンション 建売20坪の3階建て こうして羊羹の
切り売りで 破れ築地塀になって。。。3代もたず? まぁ
貧乏人の僻み 国の将来も危うい。

2018年10月14日日曜日

柿の色


柿色

柿が手前にかかる多摩川の絵を描いている。そこで柿の色がと
パシャである。 飛びぬけて赤いのはカラスへの贈り物とか?

芥をひっかきまわす悪者にも ご馳走とは。。。それともカラス
が種子を運ぶとかとも いや彼奴は悪賢くそんな奴らじゃね~

2018年10月13日土曜日

夜明けが遅い




猫って犬と違う。 なんか艶っぽいって 人間様の言うことなど
聞きはしないし 鎖に繋ぐことも拒否される。 この怪しい映像
は 正体は動物病院の看板で灯りは電球である。 今朝の散歩で。